総和建設 リニューアル工事

総和建設/リニューアル工事

建築設備の寿命は一般的に10年~20年で、それ以降は製品としての能力が低下していき、
やがては突然の故障などにより機能の停止に繋がります。
また古い建物は、OA化に伴う空調負荷の増加により、
空調能力の増設が必要になってきています。
上記のように機能保持や能力アップに対応するために建築設備を改修する工事を
リニューアル工事といいます。

総和設備のリニューアル工事

交換前

総和設備のリニューアル工事

交換後
経年劣化によって作動が悪くなった装置を新品と交換
します。